2018年5月31日木曜日

愛西市明通寺訪問 戦後の日本を救った人


スリランカ初代大統領ジュニウス リチャード ジャヤワルダナ氏
日本人として忘れてはいけない真実とは

日本とスリランカ両国の間にはある強い繋がりがあるということだ。両国の絆を作った人物は、スリランカ初代大統領になったJ.R.ジャヤワルダナ氏である。

彼は、1951年サンフランシスコ講和会議で日本の真の自由と独立の支持を訴える名演説を打った。当時はまだ44歳の若き政治家だった。ブッダの言葉であるダッマパーダ(法句経)5を、用いて「Hatred ceases not by hatred but by love (人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる。人は憎しみによっては憎しみを越えられない)の部分こそ彼が生涯一貫して訴え続けたメッセージである。 (アヒンサの福音、つまり非暴力が、人を殺したり、傷つけたり、人間同士の憎しみの感情を広めたいという欲望を人間から永久に消し去ってくれますように)と書いてある。
1996111日 90歳で死去に際し献眼、角膜提供。「右目はスリランカ人に、左目は日本人に」との遺言により、片目は日本に贈られた。彼の遺言通り左目は長野県の女性に移植されたそうです。
今日、ジャヤワルダナ氏の足跡は未だに日本国内に残っている。八王子の雲龍寺、
鎌倉の大仏、長野の善光寺の3ヶ所には、彼の善行に感謝し、記念のための、顕彰碑や、銅像が建っている。鎌倉の大仏境内には「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる。人は憎しみによっては憎しみを越えられない」と記されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご縁があって愛西市の明通寺の奥様と親しくしていただいており、スリランカの共通のお話から石碑を建てられたのをお聞きしました。
岡崎でも、スリランカの講座を、NPO法人 スバランカ協会会長大岩 碩(実弟)が、
開いており話がまとまり、愛西市の訪問が決まりました。
スリランカでは、子供たちがこの話を勉強し全ての子供たちは知っているそうです。
すごく親日家の子供たちです。にほんでは、どうゆうことか教えられていません、
少しでもこれからの日本の子供たちに教えていきたいと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  訪問日時  2018年6月11日(月)14時 日比野駅集合(尾西線)
       (お車の方は直接 明通寺集合14:30分)
訪問先:愛西市明通寺(愛西市日置町本郷1248-1 ☎0567-24-1248)尾西線
    日比野駅から徒歩7分
目的; 石碑を建てられた敬意他をご教授頂く

  連絡先問合せ先:おかざきニュース 編集長  山本純子 
    444-0057愛知県岡崎市材木町102番地 
 belclara@m4.catvmics.ne.jp  080-3689-1936




JRジャヤワルダナ氏の言葉の石碑


0 件のコメント:

コメントを投稿

6月指・耳ヨガ講座

開催日時 6月18日(月)14時〜16時 ○会場ベルクララ ○会費2000円(季節の薬膳茶・薬膳菓子付) ○テーマ 宮島先生による耳ヨガ講座がひらかれました。 “梅雨入りもカウントダウンになってきました。この時期は気圧の変化で天気痛に悩まされる方が多くい...